初出1989年5月~1990年10月(野生時代に連載)・1990年11月(単行本)、文庫本2000年8月初版(角川文庫)。32年前の本。
古代史関連本を読んでいくと、必ずと言ってもいいぐらい「乃楽山」が出てくる。 ちょっと調べてみたら、現在の奈良県奈良市と京都府木津川市の県境にある「平城山(ナラヤマ)」であった。JRの平城山駅が平城山丘陵のど真ん中にあって、西側が佐紀丘陵、東側が佐保丘陵と言うそうだ。...

最近、黒岩重吾の「ヤマトタケル」を読み始めた。その中でタケル(まだオグナだが)が双子の兄を美濃まで起きるシーンがある。その行程は、 三輪周辺からナラヤマを超えて木津川に至り、 そこから海人族である和珥氏の協力で木津川を下り、 山崎周辺の八幡に至り、 今度は宇治川を遡上して、 瀬田に抜け、 琵琶湖を航海して 安土辺りから上陸して、...

初出:2021年9月中央公論新社。久々に朝日新聞の毎週土曜日の図書記事で紹介されていた本を購入。ちょうど、同著者が2011年に吉川弘文館から発行した「<新>弥生時代」を読み終えたこともあり、10年ぶりの新説をゲットすることを目的に読んでみた。...
前回ブログは黒岩重吾「北風に起つ」の読書感想文と関係資料であったが、同本の解説(磯貝勝太郎、昭和後期-平成時代の文芸評論家)にこの時代の血統感が書かれている。 臣や連の意味はぼんやりと認識しているが、この解説を手掛かりにその役割や血統感について頭にインプットしておこう。
33年前の本。初出:1988(昭和63)年10月中央公論社、文庫:1991(平成3)年11月中公文庫。 継体が大王に即位し、ヤマトの磐余の宮に至るまでの約20年間の物語。磐井の乱をきっかけにして、大伴金村が擁立した男大迹尊(継体)を大和の従来からの豪族(物部、三輪、平群など)と新興勢力である蘇我族が大王として受け入れていくまでの物語である。...

 · 2021/10/21
一気に冬に近づいている日が続いている。 庭の柿の実が色づくのを見つつ、日光中禅寺湖の紅葉を想う!毎年見に行きたいと思うが、中々行けずじまい。今年は送って来年に期待しよう。 さて、我が家の樹々もいい感じで紅葉を迎えている。本格的に色づくのは11月末から12月上旬ぐらい。玄関先の紅葉も色づき、落葉する風景も実にオツなものだ。

前回ブログでは殷王朝後期から朝鮮に至る「東アジアの王墓」の流れを見てきた。そこで、これらの情報とヤマト王権誕生までの流れをマージしたデジタル年表を作成した。...

 · 2021/10/19
昨日までは最高気温が25度をこしていたが、朝から10度近くなった。最低気温が18度を切ると早朝書斎で窓をあけて一服どころではなくなる。 適当な気温の秋がほとんどないまま、冬に突入のようだ。 家内が一気に衣替えをしてくれたおかげで、着るものもすっかり冬型になった。PC用手袋を早速使ってブログを書いている。 街路樹の落ち葉地獄もこれから2か月弱続く。
 · 2021/10/18
一年半ぶりに東京駅地下のビヤホールに三人で出かける。 やはり、ライブ飲み会が一番良い。まだ最終オーダーが20時であったが、店は通常の半分程度であり、これまでのザワザワした雰囲気ではなく、静かに語り合いも出来た。 そろそろ、矢板市にでも飲みに行くとするか?

さらに表示する